Final Cut Pro X にDVDの動画を読み込む

通常、DVDの動画はフォルダを開いて.vodをコピーして.mpgに拡張子を変えると読めますが、Final Cut Pro Xは読めません。

方法は、.mpgに変えた後、QuickTime Playerで開き、「書き出し」から同じようにmpgを書き出すと、なぜかFinal Cut Pro Xでも読み込めるようになります。

Mac Book Proの電源が黒い画面のまま切れない

Mac Book Proの電源が黒い画面のまま切れない、落ちなくなりました。

SMBCリセットやPRAMクリアしても治りませんが、

「システム環境設定」から「省エネルギー」から「可能な場合はハードディスクをスリープさせる」にチェックを入れたら、Mac BookProの電源が黒い画面のまま切れない(レインボーのぐるぐるも出てこない)症状が治りました。

無料のKONTAKT PlayerをStudio Oneなどにインストールする手順

1)無料のKONTAKT Playerをダウンロードする

https://www.native-instruments.com/jp/products/komplete/samplers/kontakt-6-player/free-download/ にアクセスして、eメールを送る。上側のKONTAKT playerと、下のFREE KONTAKT FACTORY SELECTIONも両方やる。FREE KONTAKT FACTORY SELECTIONの方にはシリアル番号がついてくるので覚えておく

2)メールにダウンロード先が表示されるのでダウンロードする

3)Native Accessを起動する・・・インストールされるのは現在はKONTAKT Playerではなくて、Native Accessです。Native AccessはKONTAKT PlayerだけでなくNative Instrumentsの商品を全部管理します。

4)Native Accessでユーザー登録する・・・IDとパスワードが要ります。現在は結構な長さがいるのと、#などの文字を含める必要があるなど、複雑な現代社会化が進んでいます。

5)「Not Installed」からKontakt playerを選び、インストールします

6)FREE KONTAKT FACTORY SELECTIONはシリアル番号を登録する必要があります。1)のメールに記載されていたFREE KONTAKT FACTORY SELECTIONのシリアル番号を打ち込んで登録します。登録が完了すると「Not Installed」に表示されます。ので、インストールしましょう。

7)VST instruments のインストールされた場所を確認しましょう。Native Access右上のNIマークの左の人間マークから、「Preferences」を選び、VST 64 locationで保存された場所を確認します。

8)Studio Oneを起動し、StudioOneメニュー>windowsの場合は「オプション」(Macの場合は「環境設定」から、ロケーションを選び、左下の「追加」で、7)で調べたVST instrumentsの保存先を選び、追加します。

9)Studio Oneを再起動します。

以上でKontakt Playerのインストールが完了します。

 

 

Mac のUSBキーボードが認識しない!の解決法。Mac Book ProとMac Proで。Mac miniは行けるのに。

Mac Pro(Sierra)で使っていたApple純正のUSBキーボードが、ある日突然認識しなくなり、Bluetoothキーボードを延々探し続けるようになりました。

caps lockも光らないし、あらゆるUSBポートに挿してみたけど認識しません。

で、Mac Book Proに繋いでみたら、同じように認識せず、High Sierraにupdateしてみたけどなおラズ、ただし、Mac Mini(Sierra)に繋いだら普通に使えたので、キーボードが故障しているわけではなさそうなのです。

その後、Mac Book Proは、PRAMクリア(オプション+コマンド+P+R)で繋がるようになりました。

Mac ProはUSBキーボードが認識しないのでPRAMクリアもできず、とりあえずbluetoothキーボードを何か認識させて、そこからコマンド+RでファーストエイドをかけたりPRAMクリアもやってみましたが、まだ繋がりません。

MacのiCloud DriveをONにして、iPAD,iPhoneで撮った写真が自動的にアップされるようにする

FinderのサイドバーからiCloud Driveを消していたので、再表示する

今まで使わなかったのでFinderのサイドバーからiCloud Driveの表示を消していました。サイドバーに再度表示する方法は、Finder>環境設定>サイドバーから、iCloud DriveをONにする。消す時はドラッグだけで行けるので、ややこしい。

しかし、この状態でiCloud Driveを表示しても、iPADで撮った写真がMacに上がっているということもなく、真っ白なフォルダなので驚く。

アプリ「写真」を起動して、ONにする

写真の共有にはアプリの「写真」をONにする必要があるようで、PhotoshopやLightroomがあるから、今まで使う必要がなかったけど、これをONにしておくと、アルバム>「すべての写真」の中に、iPADで撮った写真が自動的にupされるようになる。

写真アプリからPhotoshopにどうやってデータを移すか

簡単だけど分りにくかった・・・写真アプリのサムネイルをFinderにドラッグしたらOK。下手にコピー&ペースとしてしまうと、sumbとしてサムネイルの圧縮された小さめの画像になってしまう。

Macでログインするときにパスワードの入力画面に上向きの矢印↑が出てログインできない

Macでログインするときにパスワードの入力画面に上向きの矢印↑が出てログインできない

なぜかMacにログインできない。パスワードが間違ってると言われる、が、よーく見てみると、上向きの矢印が・・・なんだこれは?

これは、Caps LockがONになってるのです。

Caps LockボタンをOFFにすると、上向の矢印が消えて、通常のパスワードでログインできるようになります。apple IDからパスワードを再設定することもできますが、その前にやってみてください!

Macのログイン画面でパスワードのところに上向きの矢印が出る

iPhone, iPADでメールが突然送れない。メールサーバの設定で証明書を信頼するボタンがない。

iPhone, iPADでメールが突然送れなくなった。メールサーバの設定で証明書を信頼するボタンがない。

複数のiPhone,iPADなどのiOSで先日からメールが送れなくなる症状が相次いでいます。突然、今まで送れていたのに、メールが送れなくなる症状です。

結論としてiOSのバグくさいのですが、メールサーバーの証明書を「信頼」とするボタンが出てこないのです。送れない理由は、iOSがメールサーバーのSSL(暗号通信)の証明書を「信頼」できない状態になっているから、でした。

iPhone -iPADの送信メールの設定画面
メールの証明書の「信頼」するボタン。本来なら、ここに出て来る

バグだと思われるのですが、複数のiPhone iPADなどで改良した方法を記載して起きます。

1:iOSのバージョンをアップデートする

2:すると、メールを送れなくなってから出てこなかった「信頼」のボタンが出て来る

3:ところが、また送るとすぐにメールエラーが出て来る(信頼を押したのに機能していない)

4:メールアカウントを一旦削除し、再登録すると、メールが送れるようになる。

突然iPhoneやiPADでメールが送れなくなり、送信サーバの証明書の「信頼」ボタンが出なくなった場合は、この方法をお試しください。

 

以前の投稿「iPhone, iPAD iOSのメールが送信できない!」もご参考に。なぜか、送信メールサーバの設定を空白にしないといけない・・・・。という内容です。

Thunderbirdでメールの添付ファイルを開くアプリケーションを選択し直す

Thunderbirdでメールの添付ファイルを開くアプリケーションを選択し直す方法です。

Photoshopなどで新しいバージョンを入れた場合に、jpgの画像を開くと、古いバージョンのphotoshopが立ち上がって来てしまう場合があります。

Thunderbirdの「環境設定」から「添付ファイル」を選び、「受信」のタブを選択します。

Thunderbird
Thunderbirdの環境設定「添付ファイル」で使用するアプリケーションを選択する

左側の使用するファイルで例えばjpgなどを確認し、「動作設定」を選びます。

Thunderbirdの添付ファイルで開くアプリケーションを選択する
アプリケーションを選択します

これで使うアプリケーション、今回はphotoshop 2018を選択すると、これからはPhotoshop 2018でjpgを開くことができるようになります。