エアコンの電気代が高すぎた件まとめ

【エアコンの電気代が高すぎた件まとめ】

電気代4万の原因追求の結果、1日当たりの使用量を不在時と比較して見たところ、不在時に南国植物(この気温では死ぬ軍団)を集めてLEDと共に最弱設定で暖房をかけてた最新のエアコンの部屋の電気代は極めて安く、リビングの旧型エアコンが原因であることが判明。

・ネットで見かける「エアコンはかけっぱなしの方が安い」と言うのは最新型の話で旧型であればON/OFFの方が良い
・カタログで大きく書かれているスペックは鉄筋コンクリート用の畳数であり、木造は著しく落ちる
・エアコンの対応畳数は実際より少ないと効かないばかりでなく、フル運転するので電気代も無駄に高くなるから、安いからといって買ってはいけない

ことから、マンションから木造の戸建てに移った段階でリビングのエアコンのパワー不足が発生していて、かつ異常な気温低下でエアコンが有効にならない、および経年劣化で、フル運転の3000W使用状況が続いていた可能性がある。

ただし泉州地域の夏多湿の気候に対応する木造建築ではオール電化でなければ冬場はご家庭の月の電気代が3万くらいは少なくはないらしい。

最新型のエアコンは省エネであるが、実は欠点もあって、暖房においては、どこのメーカーもパワーを下げた仕様になっているため対応の畳数が同じであれば、熱転換効率はいいものの、総じて効きが悪いらしい。なので、例えば安いからと行って、8畳対応のものを最新型の6畳対応に買い換えると、全く効かない、という無駄が発生するそうな。

一方対応畳数が多いのに問題はない。(単に本体が高いけど)
買い替えなどの際は「安物買いの銭失い」にならないように、値段だけではなくスペックにも注意が必要である。

そして、15年と言う歳月は中年の脳にはさほど昔と感じていない、と言うトリック。これに騙されてはいけないのだ!
本当の敵、それは自分自身なのだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です