MacのiCloud DriveをONにして、iPAD,iPhoneで撮った写真が自動的にアップされるようにする

FinderのサイドバーからiCloud Driveを消していたので、再表示する

今まで使わなかったのでFinderのサイドバーからiCloud Driveの表示を消していました。サイドバーに再度表示する方法は、Finder>環境設定>サイドバーから、iCloud DriveをONにする。消す時はドラッグだけで行けるので、ややこしい。

しかし、この状態でiCloud Driveを表示しても、iPADで撮った写真がMacに上がっているということもなく、真っ白なフォルダなので驚く。

アプリ「写真」を起動して、ONにする

写真の共有にはアプリの「写真」をONにする必要があるようで、PhotoshopやLightroomがあるから、今まで使う必要がなかったけど、これをONにしておくと、アルバム>「すべての写真」の中に、iPADで撮った写真が自動的にupされるようになる。

写真アプリからPhotoshopにどうやってデータを移すか

簡単だけど分りにくかった・・・写真アプリのサムネイルをFinderにドラッグしたらOK。下手にコピー&ペースとしてしまうと、sumbとしてサムネイルの圧縮された小さめの画像になってしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です