iPAD(2018)からiOS対応をうたっていないUSBクラスコンプライアントのオーディオインターフェイスやMIDIキーボードに接続する

iPAD(2018)などから、USBクラスコンプライアントだけどiOS対応をうたっていないUSBクラスコンプライアントのオーディオインターフェイスやUSBのMIDIキーボードに接続する方法です。

iPhone/iPad専用 Lightning-USB3カメラアダプタ  ライトニング USBカメラアダプタなどを使用すれば、USBクラスコンプライアント・デバイスであれば、オーディオインターフェイスやUSBのMIDIキーボードは接続できる、はず??なのです。PreSonusでもSteinbergでもRolandでもFocusriteでも。(動かないものもあるかもなので自己責任で!)

↑ダメ元だったので、純正品でなくこの安いやつを購入しました。

しかし、なぜiOS対応をうたっていないか?それは、それらのアダプタが100mAや200mAなどの電力にしか対応してないからです。USBで電源から刺せるけど、それはどうもiPAD本体に給電する用っぽい。

というわけで家に転がってて使ってなかったFocusriteのScarlett2|4を接続してみたら・・・

「ブッ・・・・・ブッ・・・・」と音が出るだけで、電源は入っているけど正常に動きません。これがどうも電力不足らしい。

というわけで、オーディオインターフェイス本体の電源さえ満ちていればいいんじゃないか?とバスパワーでなくてセルフパワーのUSBハブを間にかましてみることにしました!

が安かったので。

すると、オーディオインターフェイスFocusrite Scarlet 2|4も、USB-MIDIキーボードコントローラーArturia MINI LABも、2台同時にiPADのKORG Electribe Waveの音色を演奏でき、もちろんFocusriteのオーディオインターフェイスから音が出るようになりました!

単に消費電力の問題なんですね。

iOS対応をうたっているオーディオインターフェイスは、単純に消費電力が低いのでしょう!

でも、まぁ、PreSonusのAudioBox iTwo とかの、素直に何にもなしでケーブル一本で繋げるインターフェイスが一番楽かな。
(SteinbergはiOS対応と言っているが、カメラアダプタが必要)


Studio One Artistも付いてくるし・・・・今からさぁカメラアダプタやセルフパワーのUSBハブだを買ってるお金に少し毛が生えたら、PreSonusみたいにケーブル一本で繋げる子が買える・・・。

追記:

クラスコンプライアントのUSBオーディオでも、もっとややこしいものを接続したらどうなるか?と、自宅のハードウエアのシンセ類をまとめてるStudioLive AR 16 USBを接続してみたのですが、明らかに接続されている様子なものの、どこの出力バスに流れてるのかが不明で、かつ設定のしようがないので、音は出せませんでした。

単純に 2in 2outの仕様のものなどで行うのが賢明でしょうね。

ともかくクラスコンプライアントのUSBオーディオインターフェイス(2 in 2out)であれば、lightning USBカメラアダプタと、問題となるのは電力不足なので、電力を供給できるUSBハブがあれば、iPADやiPhoneのオーディオインターフェイスとしては使えるっぽいです。

 

ただし、これらは全部自己責任でやってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です