Roland JU-06 の設定(コーラスのノイズ、ピッチベンドレンジ、ディレイなど)

Roland JU-06の設定方法メモ

Roland JU-06は、Roland Juno-106をエミュレートしたものとして最高峰ですが、設定がめんどくさい項目もありますので、まとめました。

Roland JU-06のコーラスのノイズのカット

Juno 106をリアルに再現してくれるのはいいのですが、時代的にノイズが邪魔になる場合も多数あるので、カットする方法です。

1.Manual ボタン+PATCH NUMBERの4を押して、コーラスのノイズを選ぶモードに切り替えます。Manualボタンは押しっぱなし。

2.3が初期値、2がノイズ半分、1がゼロです。いまのオーディオ環境で聞くとノイズがうるさい場合もあるので、利用環境に合わせて使用しましょう。ノイズがなくなるとちょっと違う感も否めませんので、痛し痒しですが。

選んだら、Manualボタンを離したら確定。

この設定はシステムを書き換えます。

 

Roland JU-06のピッチベンドレンジの変更

1.Manualボタン+PATCH NUMBERの5を押します

2.左から1〜12、2オクターブ、OFFとなります。

この設定はパッチごとです。

JU-01のコントロールチェンジの出力切り替え

DAWのフィジカルコントローラーとしても使用可能なモード設定です。

1,CHORUS2のボタンを押しながらPATCH NU<BER2のボタンをおす。CHORUS2のボタンは離さない

2.引き続きCHORUS2のボタンを押したまま、PATCH NUMBERのいずれかを押す

1:コントロールチェンジを出力しな

2:USBのみ出力する

3:MIDIのみ出力する

4:USBとMIDIのみ出力する

このJU-01の設定は、システムなのでパッチを変えても引き継がれます。

 

JU-06マスターチューン

MANUAL+BANK1・・・BANK1〜8、PATCH NUMBER1〜8で選択。440kHzはBANK8

システムなので維持されます。

JU-06ディレイ

ディレイレベル:MANUAL+PATCH NUMBER6・・・BANK1〜8、PATCH NUMBER1〜8で選択。

ディレイタイム:MANUAL+PATCH NUMBER7・・・BANK1〜8、PATCH NUMBER1〜8で選択。

ディレイフィードバック:MANUAL+PATCH NUMBER8・・・BANK1〜8、PATCH NUMBER1〜8で選択。

 

パッチごとの保存。