おじやとは何か

以前「おじやには卵が必要」だと述べたと思うが、野菜スープ(牛乳も使用)に、白だしと間違えてポン酢を入れたら、おじやになった。
つまり、必要なのは卵ではなくて凝固反応の起こった流動性タンパク質。具体的には卵アレルギーの人には豆乳にマグネシウム(にがり)を混ぜたものを使えば、おじやは楽しめよう。
ご飯はどうでもよかったのだ。

ATV aFrameを使った演奏会に行って来ました。

today concert in church introducing new instruments “ATV aFrame”.ATV is brand new company made by Ikutaro Kakehashi at age 83(!!) he had made important musical instruments company Roland you know.The start of Ikutaro made instruments is at this church, he had ordered repairing organ.if you interested in new instruments http://www.aframe.jp

今日はRolandの創業者の梯郁太郎さんが最後に”完成品として”遺した最先端の打楽器、aFrameを使った演奏会に。

会場は、当時カケハシ無線を営んでいた氏にオルガンの修理のオーダーがあった、阿倍野の南大阪教会。Roland、ひいては特に80年代以降のポピュラーミュージックシーンが誕生するきっかけとなった教会と言えるかもしれない。

ATVという会社は氏が83歳(!!)の時に作ったメーカーで、このaFrameという全く新しい楽器はイコライザーを使って何かできないか、というところから始まってるらしく、竹でできた正方形のフレーム(端っこが欠けてるのはカケハシと掛けてる?)を叩いたりこすったりした音をイコライザーのお化けのような回路で音を作って出力する仕組みになっている。というと難しいが、要するにいろんな新しい音が出るのだ。

演奏は 梯 郁夫さん(aFrame)古川 忠義さん(アコースティックギター)、
そして特別ゲストに、ポケモンの映画の主題歌を歌った林 明日香さんで、あの原曲がオーケストラで壮大な音楽をたった3人で再現できたのは、紛れもなくaFrameのダイナミックレンジと表現力があったからであろう。

以前叩かせていただいたことがあるが、完全に生の楽器を超えるほど上下左右あらゆる方向に広いレンジを持った楽器で「えっ!?」と非常に驚いたものの、正直、何をどうしていいのかわからなかった。今日は「一つには、こういう楽器だったんですね」と思えた。おそらく、まだ無限の可能性があるに違いない。

音楽の歴史は常に楽器の進歩がリードして来たのは事実であり、梯さんの作ったRolandの楽器の数々が時代の音や表現を作って来たのもまた明々白々たる史実。
つい先日NAMMショー(国際的な楽器の展示会)で発表になったばかりのこの楽器が、今後どんな全く新しい音楽を作っていくのか、楽しみです。
aFrameについて、詳しくはこちら http://www.aframe.jp

30日目・植物用LED VS 寒すぎる屋外 での ほうれん草栽培比較実験 experimentation of growing spinach with LED for plants 30 days after

引き続き植物用LEDによるほうれん草栽培およそ30日目。

どんどん屋外との差が開いていきます。まぁ寒すぎるんですけどね。
天候不順の時にいかに光源として植物用LEDが有用か、という話です。

植物用LED実験30日目

 

20日目の状態はこちらから。

20日目・植物用LED VS 寒すぎる屋外 での ほうれん草栽培比較実験 experimentation of growing spinach with LED for plants 20 days after

 

 
今回の実験で使ったLEDライトはこれです。LEDテープタイプやクリップタイプはコンデンサ部の発熱などもあり使いにくく、また光量も少ないのでE26ソケット装着型がおすすめです。

月食・スーパーブルーブラッドムーンが観れました

しかし寒いですな。曇り空で見れるのかな?どうせダメだろう、と思って寒いのを我慢して玄関から出てみたら、真ん前にスーパーブルーブラッドムーンが!!

本当に赤いのですな。

完全に諦めていたので、デジカメを出したもののバッテリーが切れてて、いろいろバタバタでとりあえず薄曇りの空の向こうにぱしゃっと。

ちゃんと合わせればクレーターも写ったはずなんですが、めんどくさいし撮るより肉眼なので、オートで適当に。

月食は動きがはっきりしていて思ってたより面白かったです。

20日目・植物用LED VS 寒すぎる屋外 での ほうれん草栽培比較実験 experimentation of growing spinach with LED for plants 20 days after

引き続きほうれん草育成実験の20日目。ますます差が開いて来ました。

20日目のほうれん草の太陽光とLEDでの育成試験。

もう植物用LEDとの差は歴然たるものですね。タネが残ってたパクチーも発芽して来て、どんどん育っています。

自然の環境が最適なら話は別なのですが、自然はそう人類に甘くはありません。増えすぎた人類が火星に移住する未来、この技術は人類を救うことでしょう・・・

以前の植物用LED栽培実験の途中経過はこちらから

植物用LED VS 寒すぎる屋外 での ほうれん草栽培比較実験・結果 experimentation of growing spinach with LED for plants.

今回の実験で使ったLEDライトはこれです。LEDテープタイプやクリップタイプはコンデンサ部の発熱などもあり使いにくく、また光量も少ないのでE26ソケット装着型がおすすめです。

お風呂の防カビ

寒いですね!!これだけ寒いと、余計風呂場の掃除をする気が無くなりますが、風呂場のカビは冬場も容赦なく繁殖してくる・・・

が、この銀イオンのバルサンみたいな防カビで1ヶ月経過しましたが、カビの繁殖はなく、秀樹感激です!!

2ヶ月持つそうでカビキラー買うより安いかもしれず、これからも継続して利用したいと思いますわ。

Studio One 付属のVST instruments,Mai Taiの使い方をまとめました

PresonousのDAW, Studio One付属のVST instruments, Mai Tai。

アナログモデリングの変更・チューニングから可能なかなりパッチングも自由な優れたシンセサイザー、Mai Tai。その使い方をまとめました。

http://unko.kpop.jp/studio_one/20180117-1.html

もうホストアプリケーションの変更も脳が辛くなりつつあるので、Studio Oneと心中するつもりで頑張ります。




植物用LED VS 寒すぎる屋外 での ほうれん草栽培比較実験・結果 experimentation of growing spinach with LED for plants.

プルメリアやアデニウムの飼育実績と実感、植物本人とのお話から、その思った以上の効果を実感してしまった植物用LED。将来の火星移住に備えてもその破壊力は実証してみないといけない・・! と、ほうれん草が今年高すぎることもあって、ほうれん草で、路地 VS 完全室内 with植物用LED との生育比較実験をやってみました。

科学的には、今年の外気がほうれん草の成長可能温度を下回っているから当然なのですが、室内で太陽光が全くなくても植物用LEDの照射だけでこれだけ育成してくれるということは、スペースコロニーでの生活に必須ということです。

I tried to cultivate spinach with experimentation : which is grow under sun with cold weather and LED for plants in room without sun light.that’s tehcnology need to life in Mars space station.

試験開始時の育成状況 Start experimentation of growing

※写真を撮るのを忘れたので、その後の後発の苗ですが、実際の実験開始時はこんな感じでした。

植物用LED照射実験開始前

 

 

10日後の路地の育成状況 after 10 days, with Sun light, cold outside.

そのまま植え替えせずに太陽光下で育てたものです。気温の低さもあり生育が遅いのは当然と言えます。本葉が出てきているものもあります。

some are growing, but not enough.too cold this year.

植物用LEDなし、太陽光のみの生育状況

そして・・・

 

10日後の屋内&植物用LED照射したほうれん草 with LED for plants, in room.

日光は当てず、室内で数時間植物用LEDを照射したほうれん草。もう姿からほうれん草と明らかにわかります。植え替えのダメージも含めて、この成長具合です。

that’s incontrovertible different results. under roots damage of move from another place, but far grow than outdoor one.

植物用LEDで10日間室内で育てたほうれん草

もう生育結果が明らかになったので、この実験は終わり、ほうれん草の育成に最適な状況(気温が高く日光が刺す場合は屋外、気温低い場合や太陽のな日は屋内)を選択して、今年の食糧危機、そして来るべき火星生活に備えたいと思います。植物は我々に食料だけでなく酸素も供給してくれるお友達なのです。お友達は美味しくいただきます。

Finished experimentation. that’s shows effect of LED for plants are incontrovertible. we have to more built up for Mars Life. plants give me foods and oxygen.

 

今回の実験で使ったLEDライトはこれです。LEDテープタイプやクリップタイプはコンデンサ部の発熱などもあり使いにくく、また光量も少ないのでE26ソケット装着型がおすすめです。